クレジットカード現金化の違法性

クレジットカード現金化の違法性についてはインターネットで調べるまでもなく、議論の分かれるところです。違法だ、違法ではない、とこの手の議論にありがちな論争をしているようですが、実際にはどうなのでしょうか。

まず、違法と言う側の論調は、クレジットカード現金化をしていた業者が摘発されてことがあるので、違法性が実証されたといういい方が多いようです。確かに、業者が警察によって摘発されたのは事実であるようですが、摘発された容疑はよく調べてみるとクレジットカード現金化についての摘発とは言いがたく、業者のやっていた行為が貸金業法と出資法に違反するということで摘発されたようです。業者の行為が貸金業法による、貸金業者の登録を行わないで、貸金業者の業務をするようにお金を集めていたという容疑ということになるでしょう。すなわち、もし業者が貸金業法による登録をしていれば摘発を受けたかどうかは分からないということにもなりそうです。これでは、違法性が実証されたということとは少し論点が違っていると言わざるを得ません。

一方の違法ではないという側の論調は、中古品や金券などの買取業者のことを例に引きだして、金券や商品を買い取ってもらうことは違法ではないので、クレジットカード現金化の商品買取型のやり方はこれらの買取と区別がつきにくいので違法にすることはできない、といういい方のようです。確かに、区別は難しいといういい方はできるかもしれませんが、しっかりその点を区別するような法律ができれば、違法の方向に進むことは否定できなのも事実です。

それぞれに主張することがあるのですが、現在にところはクレジットカード現金化はグレーゾーンと言う感じで考えた方が良いと思われます。実際には業者は他の法律の摘発ではありますが、また同じような摘発を受ける可能性はありますが、利用者にとっては違法となるには新しい法律が必要であると考えらえれ、それまでは違法とならないと思われます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ