当たり前になりつつある

インターネットの普及は、現代の人たちの暮らしというものを大きく変えてくれました。特に働き方という点に関してはこれまでとは比べ物にならないくらいのチャンスが広がっている気がします。そんな中、本業とは別に副業で大きな収入を得ている方が多く存在するようです。サラリーマンの副業も当たり前のものになりつつあり、皆さん効率的な収入を得ているようですね。

休日はもちろんの事、休憩中にも手軽に行えるような副業が数多く存在し、サラリーマンの副業はもはや、ビッグマーケットと言っても過言ではありません。それほど大きな可能性を秘めており、今の経済を支えているとも言えるのかもしれません。さて、最近では会社が社員の副業に対して寛容な姿勢を示す環境が広がっており、今後はますますその流れは加速していくような気がします。以前、あるテレビ番組を拝見したところ、ある会社の社長さん曰く、「セミナーや研修を行うよりもよっぽど効率的な成長を図ることができる」とのことで、これを聞いたとき確かにそうかもしれないと妙に納得している自分がいました。

一見すると、本業をほったらかしにして自分のビジネスを優先しているように映ってしまい、今まではほとんどの会社が副業を禁止していきました。が、よくよく考えてみると、社員一人一人が自分の(自分だけの)仕事を持つことで、どうしたら売り上げが伸びるだろうか、どうすれば効率的に仕事をこなせるだろうか、どうすれば顧客と良好な関係性が構築できるだろうかということを考えるようになります。

これは正に自発的な成長であり、先ほどのセミナーや研修とはその質が全く違うのです。自分で考え、そして結論へとたどり着いた手法というのはその社員個人の財産であり、ひいては会社の財産でもあります。自然と、本業においても副業で培ったノウハウが活き、逆に本業で得たノウハウが副業で活かされたりもします。相乗効果とは正にこういったことを言うのではないでしょうか。サラリーマンの副業は大きな利益を生むことにほかなりません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ